診療内容

  1. わたなべ内科クリニック
  2. 診療内容
  3. 経鼻内視鏡検査(鼻から入れる胃カメラ)

経鼻内視鏡検査(鼻から入れる胃カメラ)

わたなべ内科クリニックでは、20年以上の経験と実績を持つ消化器病専門医が検査を担当します。
内視鏡検査(胃カメラ)では、逆流性食道炎、胃潰瘍、胃炎、十二指腸潰瘍、胃ポリープ、胃がんなどの診断ができます。また、ヘリコバクターピロリ菌の検査/除菌も行っています。

検査は、基本的には鼻からの「経鼻内視鏡」ですが、口からの「経口内視鏡」も可能です。
「今まで胃カメラでつらい思いをした」「できるだけ楽に受けたい」など、ご希望がありましたら、遠慮なく医師にお伝え下さい。

胃内視鏡検査

「胃カメラは辛い」「二度と受けたくない」など、感じたり聞いたりされているかもしれません。
当院では、できるだけ楽に検査を受けていただけるよう、以下のことに注意して検査を行っています。

患者さんの苦痛を軽減する、経鼻内視鏡(鼻から入れる胃カメラ)の検査を採用

当院の胃内視鏡検査では、経鼻内視鏡検査を基本的に採用しています。

一般的なお口からの胃カメラ(経口内視鏡)は、チューブの太さが1cm近くあります。
その分、画像が鮮明だったり、ポリープをそのまま切除できたりとメリットはありますが、「おえっ」となりやすい舌の付け根部分を通ることもあり、苦痛を感じる患者さんが多いです。

そのため、当院は、チューブの太さが約半分の6mm程度の「経鼻内視鏡(鼻から入れる胃カメラ)」での検査を採用しています。この方法では、内視鏡がのどを通らないため、吐き気や不快感が大幅に軽減できます。

※鼻腔が細い患者様や、鼻腔へのチューブ挿入に抵抗感のある方のために、従来のお口からの胃カメラも行っています。

丁寧な事前処置

デリケートな鼻を通して検査するため、鼻血が出るのを予防するスプレーをします。
また、痛みや違和感を少なくするために、ゼリー状の液体を流し込んで、局部麻酔を行います。

きちんと麻酔が効いて、チューブが通りやすくなっていることを確認してから、検査をはじめます。

また、検査が苦手な患者さんには、鎮静剤(すこしウトウトするお薬)を使って、ぼーっとしている間に検査をしますので、遠慮なくお申し出ください。

1日1件だけの検査

検査は、専用の時間帯(診療時間前8:20に来院)で行います。

少しでも絶食時間を短くできればという思いと、前処置から検査まで、医師がきちんと対応して行いたいと考えているためです。
1日1人だけの検査に限定しているため、慌てず、ゆっくり、丁寧に検査をすすめることができます。

当院で検査を受けられた方からは、「思っていたよりも楽だった」とおっしゃっていただいています。

ピロリ菌の検査・除菌

胃の調子が悪い…ピロリ菌のせいかもしれません

ピロリ菌は一度感染すると、除菌しない限りほぼ一生涯感染し続けます。
そして胃の中で感染が続き、ほぼ全員が慢性胃炎となります。

2013年2月下旬から、胃炎の方へも保険でのピロリ菌検査・治療ができるようになりました。
(胃カメラで萎縮性胃炎が確認された場合が前提です)

胃がん予防のためには、20~30歳代で治療しましょう

ピロリ菌の治療をすることで、胃がんのリスクを減らすことが期待されていますが、できるだけ若いときに治療した方が、恩恵が大きいとされています。
つまり胃がん検診などを受ける年代より前の20~30歳代のうちに除菌治療を行った方が胃がんの予防には有効です。

若い方でも胃の調子が悪い方や、家族に胃がんや胃潰瘍の方がいらっしゃる場合は、ピロリ菌の検査を受けてみましょう。

ピロリ菌の検査方法(尿素呼気試験法)

特別な検査薬を使うことで、息の中に含まれる尿素の量から、胃にピロリ菌がいるかどうかがわかります。息を吹き込むだけの簡単な検査ですので、ぜひ受けてみましょう。